事例で学べる行政判断 係長編 

【書名】事例で学べる行政判断 係長編 第1次改訂版 

 

【執筆者名】自治体行政判断研究会

【定価】1980 円(本体価格1800円+税率10%)

【ISBN】978-4-87526-388-3

【出版年月】2019年5月

【判型・ページ数】B6判 153頁

書籍内容・メディア紹介

職場での様々な事例を択一問題演習で学ぶ。リーダーシップとは、判断力とは何かを改めて原点にかえって考える一冊。職場経営の資料としても。

 

目次・著者紹介

〇1章 係長と上司

 

●コミュニケーション
・情報を部下に流さない課長 など

●マネジメント
・部長の言いなりになる課長 など

●危機管理
・うつ病が疑われる課長 など

 

〇2章 係長と係長

 

●コミュニケーション
・新規事業の予算化 など

 

〇3章 係長と部下

 

●コミュニケーション
・経験豊富なベテラン部下 など

●マネジメント
・職場内で孤立している部下 など

●指導育成
・ミスが多いのに同僚の仕事を手伝う部下 など

●服務規律
・仕事熱心だが情報管理への認識が甘い部下 など

●危機管理など
・セクハラを起こした部下 など

 

〇4章 係長と議会・住民・マスコミ

 

□係長と議会
●服務規律
・係長を会食に誘う議員
●危機管理など
・内部情報の提供を求める議員 など

□係長と住民
●コミュニケーション
・「市長に会わせろ」と訴える住民 など
●服務規律
・自社との契約を迫る民間企業役員
●危機管理など
・大量の文書の情報公開を請求する住民 など

□係長とマスコミ
●マネジメント
・課長不在時のマスコミ対応
●危機管理など
・職場の不祥事の取材 など

関連書籍

事例で学べる行政判断 課長編