2020年3月号

【書名】月刊『地方自治職員研修』2020年3月号 

【価格】本体800円+税

【雑誌コード】04451-03

【発売日】2020年2月18日

【判型・ページ数】B5版・88ページ

 

【特別企画】自治、来るべきもの~The Shape of Jichi to Come 自治の力を信じよう

分権改革で幕を開けた平成期は、その末には自治体にとって絶えず追い立てられるような、息苦しい時代となった。新しい時代を、生き生きとしたものとするために、これを自分たちでつくっていくしかない。私たちが新しい歴史をつくるのだ。どこに、どのような課題が残されているのか。それを乗り越えて、何を実現するのか。来るべき自治の姿を、私たち自身で示そう。

 

【訂正とお詫び】

2020年3月号目次、特別企画扉に日野稔邦様のお名前を誤って掲載してしまいました。日野様、読者の皆様ほか、関係各位にお詫びして訂正いたします。 誠に申し訳ございませんでした。

 

特別企画 自治、来るべきもの

自治体職員の事起こし/大森 彌

自治を支える参画・協働を改めて問う/中川幾郎

なぜ「地方自治」なのか/今井 照

人口減少社会のシステムづくり/鏡 諭

まちの消費者からまちのオーナーへ/廣瀬克哉

逆境のなかの自治/阿部昌樹

条例のススメ/北村喜宣

人口減少時代の地域経済循環と地方自治/沼尾波子

経済自治、財政自治、そしてエネルギー自治/諸富 徹

「自分ごと」から始まる「自治」の実践/嶋田暁文

知恵と、工夫と、努力と、挑戦がある限り/葉上太郎

被災自治体の教訓が残すもの/庄子まゆみ

ポスト2020の自治体行政/早川 淳

「地方分権元年」から20年に思うこと/中嶌いづみ

ネットワークの可能性を信じて/青山 崇

地方自治を楽しむ/日野稔邦

 

 

■ああ言えば、こう書く〈休刊(2)〉/金井利之

■葉上太郎の都政ウオッチング〈「辛口」が果たした役割〉/葉上太郎

■職員のための自分らしい働き方のつくり方・支え方

 〈実践編?~キャリアを築く/支える〉/堤 直規

■実務で活きる!重要・改正法対応のポイント

 〈地域再生法の一部を改正する法律〉/松村 享

■官吏意外史〈さらば幕府官僚よ―よらしむべしの精神―〉/童門冬二

■自主研究グループからの発信〈自主研究の勧め〉/岡田博史

■サブカル公務員、ナナメ読み〈『生きる』(監督:黒澤明)〉/町田智弥

■Forum通信〈日本自治学会第19回総会・研究会〉/編集部

 

◆なんでも掲示板

◆47行政ニュース

◆BOOKS

◆法令速報〈地域再生法改正法/教育職員給与等特別措置法改正法〉

◆なんでも回覧板

◆読者のひろば

 

 

ケースに学ぶ実務演習

行政実務 公共施設の再編にいかに取り組むか

人事実務 メンタルヘルスに関する職員への安全配慮義務について、どのような視点が必要か

財務実務 令和2年度の地方財政対策の要点と今後の地方財政の課題は何か

 

 

昇任試験V講座 第6講

地方自治法/地方公務員法/行政課題論文/論文レジュメ作成法/行政運営知識/自治関連白書/時事問題/課長職・行政判断

関連書籍

1~3月号では、小誌休刊に伴う特別企画として以下のテーマを特集しています。いずれも手元に残す価値あるものとなっております。あわせてご覧ください。

月刊『地方自治職員研修』2020年1月号

自治保障の制度設計

 

月刊『地方自治職員研修』2020年2月号

住民とは何か、職員とは何か