試験対策に使える! こんな本、あったんだ!?

類書なし! 事例行政判断の5肢択一式問題集

昇任試験では、試験科目として、職場で起こる様々な事象に係長・課長としていかに対応策を判断するかを問う科目があります。公職研では、この科目を「事例行政判断」と名付けて、係長・課長それぞれの職責にあわせて問題集を発行しています。上司・部下とのコミュニケーション、マネジメントなど、実際の公務職場でよく起こり、そして判断の如何が職場や仕事に影響を与える物事について、5肢択一式で学ぶことができます。

実際の試験出題科目への対策として、また論文試験や面接で問われる職責に見合った判断を示すために、もちろん管理監督職“力”を向上させるためのテキストとしてもご活用いただけます。

 

 『事例で学べる行政判断 課長編
 『事例で学べる行政判断 係長編

年度版の書籍で時事問題への対策がとれる!

昇任試験で出題される傾向が高いものの、公務員の昇任試験の分野に絞った対策書のない時事問題。公職研では、昇任試験の実施時期と出題の傾向に着目して、その年の年頭から6,7月までの時事問題について、年度版として5肢択一式の問題集を発行しています。

政治、外交、国際関係、経済・金融など幅広いジャンルが網羅されるほか、公務員の職務に関連が深く重要な知識とされる、新法・改正法の成立や重要判例、政府方針等の決定、自治関連白書の概要などもカバーしています。また、各問の肢の解説や補足の「コメント」が充実しており、正答を捉えるだけでなく、問題を掘り下げて学ぶことができます。

 

 『重点ポイント昇任試験時事問題2018年度版

「地方自治の教科書」で“地力”アップ

最新の地方行政の動向と課題をコンパクトにまとめ、また、地方自治の諸制度を分かりやすく解説したのが『必携自治体職員ハンドブック』です。2年に1度の改訂で、諸制度の改正にも適宜対応するほか、自治体が直面する課題を的確に捉えます。この、地方自治のすべてを1冊にまとめた「地方自治の教科書」は、昇任試験の対策や自学自習のテキストに最適であり、日頃の業務に役立つ手引きとして職場の卓上でも役立ちます。

 

 『必携自治体職員ハンドブック

関連項目

☆関連コラム
法律問題集の違いを知りたい!
昇任試験対策のための法律解説書の選び方
目的別で選ぶ論文試験対策書
面接試験対策にも書籍が活きます!