法律問題集の違いを知りたい!

〇どのシリーズがいいのか、悩む…

 

昇任試験対策として、公職研の法律問題集の購入をご検討くださった方の中には、「同じ地方自治法で何冊か問題集が出ているが、どれを買えばいいのか?」「“必携”“コンパクト”“よく出る”“精選”!? 違いは何なのだ!?」と悩む方もおられるかもしれません。

公職研の法律問題集は、いずれも5肢択一形式の問題を掲載しており、実際の試験の出題に近いかたちで演習することで問題を解く力を高めるものです。また、受験する試験の内容や、ご自身の習得度に応じてお選びいただくことで、より効果的な学習にすることができます。

以下では、シリーズごとの特徴と、選択のポイントを示しますので、あなたにぴったりの本を選ぶ参考にしてください。

初学者から試験直前の確認まで~“必携”シリーズ+“コンパクト”

“必携”シリーズは、地方自治法・地方公務員法の学習にあたって必ず覚えたい重要項目を、網羅的に取り上げています。各項目を見開きで構成。刊行直前の改正まで盛り込んだ、丁寧な解説で知識をつけたあと、チェック問題で単元の習得度を確認できる形式で、初学者の方が理解を深めるのに最適です。また、このチェック問題は、公表されている試験問題を徹底分析するなど練りに練りました。実戦的な問題となっているので、学習を積んだ方にも試験直前の確認などにご利用いただけます。
最新改正を掲載するページにはインデックスをつけるなどの工夫を凝らしました。まさに、試験会場に“必携”していただくためにつくり上げた、受験者待望のシリーズです。

 

また、『コンパクト昇任試験基礎4法択一問題集』は、地方自治法、地方公務員法、憲法、行政法の4法について、出題頻度が高く、得点につながるテーマを厳選して、まさしくコンパクトにまとめています。全問5肢択一形式で、1冊で各法の出題の“肝”を押さえることができるほか、各問に丁寧な解説がつく“オール・イン・ワン”の一冊です。

 

 『昇任試験必携 地方自治法のポイント整理とチェック』(準備中)
 『昇任試験必携 地方公務員法のポイント整理とチェック』(準備中)

 『コンパクト昇任試験基礎4法択一問題集
 

昇任試験の実戦力養成に好適~“よく出る”シリーズ

“よく出る”シリーズは、実際の試験問題を徹底分析して、頻出テーマを掲載しています。選択肢の正/誤だけではなく、肢ごとにその判断の理由を分かりやすく解説しています。根拠となる条文や、行実・判例などを記載することも重視していますので、それらに当たることでより深い理解につなげることも可能です。演習問題を繰り返すことで、力を付けたい人にオススメです。

 

 『地方自治法よく出る問題123問
 『地方公務員法よく出る問題108問

学習の総仕上げ。全分野を網羅~“精選”シリーズ

“精選”シリーズは、法律分野(地方自治法/地方公務員法)の章ごとに、ほぼ全分野にわたって論点をピックアップし、5肢択一形式で出題しています。選択肢ごとに解説が付くのはもちろん、テーマごとにポイントチェックを設けており、理解を深めることができます。
出題の難易度は上記の2冊に比べて高く、東京都・特別区(管試)、政令市・中核市の試験を受験する方に最適です。

 

 『昇任試験地方自治法精選問題集
 『昇任試験地方公務員法精選問題集

関連項目

☆関連コラム
問題集と解説書の違い
昇任試験対策のための法律解説書の選び方