2015年8月号

公職研

2015年8月号

2015年8月号

  • 【特集】松下圭一、〈自治〉へのまなざし
    自治体理論を先導してきた松下圭一先生が逝去された。官治・集権から自治・分権へと進む、地方制度改革や自治体の内部改革の礎となった、いわゆる松下理論が、今日の自治体理論・自治体行政運営をいかに規定してきたか。2015年の今日、自治体職員はそこから何を学び、生き方・働き方の中に取り入れていくべきか。
    ◎地方公務員法第5講(2015年8月号)の記述に誤りがありました。お詫びして、以下のように訂正いたします。
    -------------
    【設問1】4 営利企業に従事しようとする職員は、その従事する時間が当該職員に割り振られた勤務時間外である場合は、任命権者から営利企業に従事することの許可は必要であるが、職務専念義務の免除の承認は必要ではない。

    《解説1》4 正しい。営利企業に従事するための任命権者の許可は、勤務時間の内であれ外であれ必要である。一方、職務専念義務免除の許可が必要となるのは勤務時間中であるときで、勤務時間外であれば不要である。ただし、ここでいう勤務時間は、あらかじめ定められた正規の勤務時間のほか、時間外勤務、週休日の勤務等を命じられてこれに服する時間も当然に含まれるものと解されている。
    -------------

  • 2015.AUGUST
  • 定価:800円(本体741円+税)
  • この本を購入   一覧へ戻る


目次

    《特集》松下圭一、〈自治〉へのまなざし
    松下圭一と市民社会/辻山幸宣
    松下圭一と自治体改革/今井 照
    松下圭一の方法・仕事・思考/大矢野 修
    松下理論は法思考大変革の思想/提中富和
    政策のための技術としての政策財務/肥沼位昌

    《新連載》
    ■自治力みなぎる人を創る〈機能する人事評価制度の構築@〉/本多鉄男

    《連載》
    ■連続インタビュー この人に訊く〈人の生きざまが突きつけるもの〉/櫛野展正
    ■ああ言えば、こう書く〈東京圏介護難民移住@〉/今井 照
    ■葉上太郎の都政ウオッチング〈負担金の戦い〉/葉上太郎      
    ■創造型行革のすすめ〈鳥取県の会計事務ミス防止と業務効率化を目指した取組〉/鳥取県
    ■人口減少社会を生き残る〈「身近な外部者」である出身者に着目する〉/坂本 誠
    ■Dr.平井のメンタルヘルス対応術〈ストレスチェック制度とは何か?〉/平井康仁
    ■新しい事業のつくり方〈オールいわきのサミット開催でいわきを発信〉/いわき市
    ■法務のコマッタに一発回答!政策法務・相談室
    〈取消訴訟とは何か。取消訴訟の訴訟要件にはどのようなものがあるか〉/稲葉博隆
    ■ヨワタリ公務員まかりとおる
    〈環境畑のわたり方〜環境政策課・環境保全課・清掃課〉/町田智弥
    ■環境自治体白書
    〈目指せ!うどんゼロ・エミッション〉/うどんまるごと循環コンソーシアム
    ■自治体政策法務・研究ファイル
    〈公契約条例+公文書管理〉/かながわ政策法務研究会
    ■見せます!議会の底力〈市民とともに歩む宝塚市議会をめざして〉/宝塚市議会
    ■進む!市民参加
    〈利用者の目線で図書館サービスを企画・実施〉/墨田区ひきふね図書館パートナーズ
    ■官吏意外史〈伊藤博文国際的周旋家をめざす〉/童門冬二
    ■自主研究グループからの発信
    〈「つながる文化」を根付かせる〉/九州まちづくりオフサイトミーティング

    ◆47行政ニュース
    ◆なんでも掲示板
    ◆BOOKS
    ◆法令速報〈国民健康保険法等改正/大気汚染防止法改正〉
    ◆読者のひろば

    ケースに学ぶ実務演習
    行政実務 中小企業の海外進出を支援するにあたっての留意点は何か
    人事実務 地方公務員に対し、労働関係諸法令はどのように適用されるか
    税務実務 不燃化のために建替えを行った住宅に係る固定資産税の軽減措置とは何か

    昇任試験V講座 第5講7
    地方自治法/地方公務員法/論文講座“Point&Format”/行政課題論文/行政運営知識/自治関連白書/時事問題/係長職・行政判断

一覧へ戻る

 

 

 

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20
電話 03-3230-3701(代表) FAX 03-3230-1170 hello@koshokuken.co.jp
Copyright (C) 公職研 All rights reserved.