2012年11月号

公職研

2012年11月号

2012年11月号
  • 特集 人と、場と、アートと
    〜一歩先行く自治体文化行政

    財政が逼迫する中、自治体行政の文化政策関連予算がコストカットの標的になっている。「無い袖は振れない」のは当然のことである。しかし、社会全体が飽くなき効率化への偏重に陥っているいまこそ、アートと、そこに自治体行政が関わる意義が問われているのではないか。人と施設という要素に着目し、自治体行政や市民による文化政策の最先端を紹介する。


目次


    【特集】人と、場と、アートと
    ◆自治体行政はいかに文化を守るか
     /中川幾郎
    ◆文化政策と人材
     /桧森隆一
    ◆十和田市現代美術館が拓くアートセンターの可能性
     /藤 浩志
    ◆地域における芸術文化環境の保障〜文化施設とアートNPO
     /徳永高志
    ◆「聴くことのちから」を信じる。〜いわきアリオスの震災復興
     /長野隆人
    ◆市民文化を育む土壌づくりに挑むキラリふじみの活動
     /松井憲太郎
    ◆木曽音楽祭を通して考える文化芸術事業
     /渡辺 徹
    ◆劇場法と自治体
     /高崎大志

    【連載】
    ◆職員必読・この1冊!〈長洲一二『「地方の時代」を求めて』〉
    /田嶋義介
    ◆葉上太郎の都政ウオッチング〈「馬鹿」〉
    /葉上太郎
    ◆創造型行革に向けて〈行政経営システムで効果的な自治体運営を目指す〉
    /臼杵市
    ◆クイズの森〈地域における「平等」の実現〉
    /森 幸二
    ◆想いよとどけ!〜東北発 私たちの“いま”〈新しい「ふるさと」をつくる〉
    /畑 文隆
    ◆循環型社会を創る!〈市民の排出削減努力を地元に還元〉
    /出雲市
    ◆政策法務講座2・0〈住民投票制度の導入と法的問題点〉
    /宇那木正寛
    ◆実務で“斬る”!地方自治制度改革〈第1次・第2次一括法による基準の条例化と自治体議会審議の視点〉
    /岩崎 忠
    ◆安全・安心なまちへの提言〈地域特性を反映した防災対策〉
    /千代田区
    ◆輝け!メンター塾〈クレーム対応は、人材育成のチャンス!〉
    /木村純一
    ◆お役所仕事から一歩前へ〈難読を逆手に知名度アップをねらう〉
    /宍粟市
    ◆topics!〈コピー方式×リンク方式のメリット・デメリット〉
    /藤島光雄
    ◆都市のルネサンスを目指して〈共有資源をともに守り・活かす〉
    /関門景観協議会
    ◆自治体・『真理学』教室〈協働事業の行方が見出せない〉
    /青山やすし・藍よう子
    ◆汗かこう! 楽しもう! 地域おこし〈町を元気にする“研究所”!?〉
    /及川秀一郎
    ◆議会は変わる〈市民の声の循環を通じて開かれた議会を目指す〉
    /市原市議会
    ◆topics!〈全国実態調査に見る自治体人事システム改革の現状と課題〉
    /小野英一
    ◆施設から見る自治体の“文化水準”〈ベルタン・ポワレ文化スペース〉
    /松本茂章
    ◆ごみ減量最前線!〈2度目の産廃処理施設建設問題に揺れた御嵩町〉
    /服部美佐子
    ◆官吏意外史〈勝海舟(26)長州征伐は私戦です〉
    /童門冬二
    ◆自主研究グループからの発信〈50年後の塩尻市が豊かであるためにA〉
    /塩尻市職員意見交換会「しおラボ」

    ●NETWORK
    ●争訟法務・最前線!/羽根一成
    ●47行政ニュース!
    ●BOOKS
    ●法令速報〈都市低炭素化促進法/動物愛護管理法改正〉
    ●読者のひろば

    【ケースで学ぶ実務演習】
    行政実務 貧困の連鎖防止への具体的アプローチは何か
    人事実務 再任用職員の活用について今後留意すべき点は何か
    財務実務 基金の効率的な運用に向けて自治体はどのように対応すべきか
    税務実務 口座振替納付の利便性・効率性の向上にどのような方法が考えられるか
    福祉実務 生活保護制度において扶養義務はどう取り扱われるべきか

    【昇任試験V講座 第2講】
    憲法/行政法/地方自治法/地方公務員法/実務諸法/行政課題論文/時事問題/行財政知識/組織運営/課長職・行政判断/知能分野/資料解釈


一覧へ戻る

 

 

 

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20
電話 03-3230-3701(代表) FAX 03-3230-1170 hello@koshokuken.co.jp
Copyright (C) 公職研 All rights reserved.