2012年9月号

公職研

2012年9月号

2012年9月号
  • 特集 中心市街地の役割・チカラ
    中心市街地の空洞化が問題視され、再生・活性化の必要性が叫ばれて久しい。多くの地域で多様な主体による実践が行われているが、現状はどうであろうか。人口減少、震災後という時代の転換点を迎えたいま、あらためて中心市街地の機能と可能性にせまり、あるべき都市像の実現に向けた計画策定や規制を行う主体として、また、活性化事業に関わる一主体としての自治体の役割を考える。


目次


    【特集】中心市街地の役割・チカラ
    ◆逆都市化時代の中心市街地
     /大西 隆
    ◆中心市街地活性化法の活用と自治体の自主性
     /内海麻利
    ◆中心市街地まちづくりの事業推進における自治体の役割
     /横森豊雄
    ◆石巻2・0を通して見る中心市街地の可能性
     /真野洋介
    ◆タウンマネージャーは何をなすべきか
     /服部年明
    ◆新しいまちの使い方
     /石上 僚
    ◆まちづくり会社の新展開
     /西本伸顕
    ◆コンパクトなまちづくりに向けた中心市街地の活性化
     /富山市

    【連載】
    ◆職員必読・この1冊!〈鬼頭宏『2100年、人口3分の1の日本』、網野善彦『日本の歴史をよみなおす(全)』〉
     /長谷憲明
    ◆葉上太郎の都政ウオッチング〈海へ逃げる?〉
     /葉上太郎
    ◆クイズの森〈「管理」と「利用」との区別/ほか〉
     /森 幸二
    ◆新しい『参加』への挑戦〈観光・文化・産業振興を横断した地域活性化へ!〉
     /柳沢拓哉
    ◆政策法務講座2・0〈憲法上の権利の制約と罪刑法定主義〉
     /宇那木正寛
    ◆実務で“斬る”!地方自治制度改革〈大都市制度改革と大都市地域特別区設置法案〉
     /岩ア 忠
    ◆想いよとどけ!〜東北発 私たちの“いま”〈夜明けに向かって一歩ずつ〉
     /山田昌史
    ◆topics!〈春日の教育〜活性化の到達点〜〉
     /春日市教育委員会
    ◆創造型行革に向けて〈「部・課方針書」を中心とした行政経営システムの構築〉
     /宇部市
    ◆議会は変わる〈挑戦する「議会局」を目指して〉
     /大津市議会
    ◆汗かこう! 楽しもう! 地域おこし〈地域のチャレンジを育む「能登留学」〉
     /森山奈美
    ◆輝け!メンター塾〈ストレスと向き合う! セルフコントロールが大事〉
     /木村純一
    ◆お役所仕事から一歩前へ〈政策減税で既存企業の留置を支援〉
     /茅ヶ崎市
    ◆自立と支援、支えあいの福祉社会に向けて〈始まった第5期介護保険事業計画の運営と保険者機能〉
     /和光市
    ◆循環型社会を創る!〈カーボンオフセットで地域振興を〉
     /大台町
    ◆自治体・『真理学』教室〈記者への対応と想像力の問題〉
     /青山やすし・藍よう子
    ◆施設から見る自治体の“文化水準”〈名古屋市公会堂〉
     /松本茂章
    ◆ごみ減量最前線!〈震災がれきを受け入れる稲城市〉
     /服部美佐子
    ◆官吏意外史〈勝海舟(24)情報合戦にも武士道があった〉
     /童門冬二
    ◆自主研究グループからの発信〈住民の立場にたって地域を見つめ、政策をつくる〉
     /おおいた行政法務研究会

    ●NETWORK
    ●Forum通信〈自治体学会関東フォーラムin流山〉
    ●Forum通信〈自治体法務合同研究会水戸大会〉
    ●Forum通信〈自治体職員有志の会シンポジウムin福島〉
    ●争訟法務・最前線!/羽根一成
    ●BOOKS
    ●47行政ニュース!
    ●法令速報〈災害対策基本法改正/消防法改正〉
    ●読者のひろば

    【ケースで学ぶ実務演習】
    行政実務 職員の人材育成を効果的に行うために留意すべき点は何
    人事実務 非常勤職員の任用管理にあたって、留意すべき点は何か
    財務実務 社会福祉施設を地域経済の軸として、どう育てるか
    税務実務 公益法人制度改革に伴う固定資産税の非課税認定にあたっての留意点は何か
    福祉実務 市民後見人の養成をどのように進めていくか

    【昇任試験V講座 直前対策】
    憲法/行政法/地方自治法/地方公務員法/実務諸法/マネジメント論文/時事問題/行財政知識/組織運営/課長職・行政判断/知能分野/資料解釈


一覧へ戻る

 

 

 

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20
電話 03-3230-3701(代表) FAX 03-3230-1170 hello@koshokuken.co.jp
Copyright (C) 公職研 All rights reserved.