2012年7月号

公職研

2012年7月号

2012年7月号
  • 特集1 都市制度再編と自治
    大阪都・中京都・新潟州構想が華々しく打ち上げられ、選挙民の圧倒的な支持を受けたことで、自治法改正に向けた動きが出てきている。都市制度再編の熱は高じるばかりだが、中京都構想に顕著なように同床異夢の様相もあり、イメージ先行の嫌いがあることを否定できないだろう。本特集では、国−地方制度、大都市制度、都区制度の現状と改革動向を踏まえ、事務と財源、そして自治の視点から、都市制度再編を考える。

  • 特集2 自治体財政の改革課題
    消費税増税をめぐる論争が絶えないが、自治体財政も制度改革・行政改革の途半ばにある。本特集では、「社会保障と税の一体改革」による自治体への影響とともに、財政健全化法制や新公会計制度など昨今行われている制度改革に関するトピック、自治体独自の行財政改革・「財政改善策」のポイントを取り上げる。


目次


    【特集1】都市制度再編と自治
    ◆都道府県制流動化の気配
     /大森 彌
    ◆地域主権改革と都道府県の改革構想
     /礒崎初仁
    ◆大都市制度改革論と「特別自治市」構想
     /伊藤正次
    ◆都区制度の現状と改革課題
     /志賀コ壽

    【特集2】自治体財政の改革課題
    ◆「社会保障と税の一体改革」の行方と地方財政
    /町田俊彦
    ◆地方自治体における公会計と監査制度
    /亀井孝文
    ◆外郭団体改革と自治体行財政
    /稲沢克祐
    ◆自治体財務の実務改革
    /松木茂弘
    ◆自治体ファイナンス〜資金調達マネジメントの視点
    /稲生信男
    ◆新財源創出への第一歩
    /山岸恵美
    ◆財政健全化のみちのり
    /辻道雅宣

    職員必読・この1冊!〈田村明『都市を計画する』〉/阿部昌樹
    ◆葉上太郎の都政ウオッチング〈買い占めの数値〉
    /葉上太郎
    ◆クイズの森〈「権限」の意味/ほか〉
    /森 幸二
    ◆想いよとどけ!〜東北発 私たちの“いま”〈カイゼンの灯火を絶やしたくない〉
    /宮本 光
    ◆循環型社会を創る!〈地域が一体となった温暖化対策をめざして〉
    /柏崎市
    ◆政策法務入門講座〈信教の自由と政教分離の原則との関係〉
    /宇那木正寛
    ◆実務で“斬る”!地方自治制度改革〈出先機関特例法案(仮称)とハローワーク特区〉
    /岩ア 忠
    ◆創造型行革に向けて〈政策マネージャーによる重点課題の進行管理〉
    /所沢市
    ◆食∞まちづくり〈食創生都市を目指し職員自ら商品開発に挑む!〉
    /西都市
    ◆議会は変わる〈必要な政策を議会から発信する力をつける〉
    /鎌倉市議会政策法務研究会
    ◆自立と支援、支えあいの福祉社会に向けて〈様々な壁を越えて外国人の介護ヘルパーを養成〉
    /横田能洋
    ◆汗かこう! 楽しもう! 地域おこし〈近代化産業遺産を活かした地域づくり〉
    /中尾一郎
    ◆施設から見る自治体の“文化水準”〈千代田区立千代田図書館〉
    /松本茂章
    ◆ごみ減量最前線!〈震災がれきの広域処理の最前線に立った島田市〉
    /服部美佐子
    ◆官吏意外史〈勝海舟22 忠臣岩倉具視〉
    /童門冬二
    ◆自主研究グループからの発信〈自治体職員が、夢と魔法の国から学ぶA〉
    /入間市若手職員の自主研究グループ

    ●輝け!メンター塾〈住民対応力向上作戦〉/木村純一
    ●NETWORK
    ●争訟法務・最前線!/羽根一成
    ●自治体・現場で使える著作権基礎講座/早稲田祐美子
    ●47行政ニュース!
    ●自治体・『真理学』教室〈管理職になりたくない症候群〉/青山 ・藍よう子
    ●BOOKS
    ●法令速報〈地方税法等改正/地方交付税法等改正〉
    ●読者のひろば

    【ケースで学ぶ実務演習】
    行政実務 EHRの構築、普及に向けた取組のポイントは何か
    人事実務 任期付職員の活用はどこまで可能か
    財務実務 地方財政白書から何を読み取るべきか
    税務実務 法人事業税・住民税の還付加算金をどのように計算するか
    福祉実務 ソーシャルインクルージョンを社会福祉行政にどのように活用できるか

    【昇任試験V講座 第9講】
    憲法/行政法/地方自治法/地方公務員法/実務諸法/事例式論文/時事問題/行財政知識/組織運営/課長職・行政判断/知能分野/資料解釈


一覧へ戻る

 

 

 

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20
電話 03-3230-3701(代表) FAX 03-3230-1170 hello@koshokuken.co.jp
Copyright (C) 公職研 All rights reserved.