2012年6月号

公職研

2012年6月号

2012年6月号
  • 生きにくい時代の自治体政策〜もっとも身近なセーフティネットであるために
    長引く不況に相次ぐ災害、どの人にも生きにくい時代だが、元より困難を抱えていた人にとっては、更に深刻さを増す。自治体政府が、住民にとってもっとも身近なセーフティネットであるためには、その「網」を広げつつ、「網」の目を細かくし、またその人に積極的にアプローチしていくことが必要となるだろう。生きにくさの断層を掘り起こしながら、それに対する自治体政策のあり方を示す。


目次


    【特集】生きにくい時代の自治体政策
    ◆生きにくい時代の市町村責任
     /金井利之
    ◆震災と貧困〜被災地から見えてくること
     /渡邊 純
    ◆生きにくさに抗うために〜いかに支えるか
     /中下大樹
    ◆孤立死ゼロをめざして〜二つのモデル事業を通して
     /札幌市
    ◆中野区地域支えあい活動の推進に関する条例
     /中野区
    ◆三条市子ども・若者総合サポートシステムの取組について
     /三条市
    ◆余剰食品の活用による地域の食のセーフティネットを立ち上げよう
     /フードバンク関西

    【連載】
    ◆職員必読・この1冊!〈イアン・シャピロ『民主主義理論の現在』〉
    /小川仁志
    ◆クイズの森〈「行政財産」の意味/ほか〉
    /森 幸二
    ◆葉上太郎の都政ウオッチング〈年金暮らしの店〉
    /葉上太郎
    ◆創造型行革に向けて〈行政評価の「有効性」と「分かりやすさ」との両立を目指して〉
    /盛岡市
    ◆政策法務入門講座〈外国人の人権享有主体性〉
    /宇那木正寛
    ◆実務で“斬る”!地方自治制度改革〈住民訴訟と議会の議決による損害賠償請求権の放棄〉
    /岩崎 忠
    ◆議会は変わる〈市民に開かれた議会であるために〉
    /鳥羽市議会
    ◆循環型社会を創る!〈自然・生きものと共鳴するいとなみ・コミュニティ〉
    /大和田順子
    ◆輝け!メンター塾〈資料は口ほどにものを言う!新人の資料作成スキル向上〉
    /木村純一
    ◆想いよとどけ!〜東北発 私たちの“いま”〈つながりで日常を取り戻したい〉
    /滝本法明
    ◆自立と支援、支えあいの福祉社会に向けて〈介護保険と自費、地域での支え合いのこれから〉
    /柳本文貴
    ◆新しい『参加』への挑戦〈目指すのは「人々の暮らしと自然環境の共生」〉
    /藤田和歌子
    ◆お役所仕事から一歩前へ〈過疎地域のバス対策は必ず成果が出る! “200円バス”で、驚きのV字回復〉
    /京丹後市
    ◆都市のルネサンスを目指して〈赤瓦の映える景観まちづくり〉
    /江津市
    ◆安全・安心なまちへの提言〈30年後の安全安心のために〜橋梁長寿命化の取組み〉
    /山形県
    ◆汗かこう! 楽しもう! 地域おこし〈「クリエイティブな田舎」が目指す・叶える持続可能な地域〉
    /大南信也
    ◆Topics!〈すべての市民に分かりやすく情報を伝えるために〉
    /伊賀公一
    ◆施設から見る自治体の“文化水準”〈浜離宮恩賜庭園〉
    /松本茂章
    ◆ごみ減量最前線!〈ごみゼロをめざすが、足踏み状態が続く葉山町〉
    /服部美佐子
    ◆官吏意外史〈勝海舟21“船中八策”の政治的意義〉
    /童門冬二
    ◆自主研究グループからの発信〈自治体職員が、夢と魔法の国から学ぶ〉
    /入間市若手職員の自主研究グループ

    ●NETWORK
    ●自治体・現場で使える著作権基礎講座/早稲田祐美子
    ●争訟法務・最前線!/羽根一成
    ●47行政ニュース!
    ●BOOKS
    ●法令速報〈鳥獣被害防止特措法改正/競輪法・オートレース法改正〉
    ●読者のひろば

    【ケースで学ぶ実務演習】
    行政実務 墓地の不足にどう対応すべきか
    人事実務 女性職員の昇任意欲醸成のポイントは何か
    財務実務 財政収支の不均衡にどのように対処していくか
    税務実務 一棟の損耗残価率を活用した損耗減点補正率の適用とはどのようなものか
    福祉実務 精神医療と一般医療の連携を検討するに当たり留意すべき点は何か

    【昇任試験V講座 第9講】
    憲法/行政法/地方自治法/地方公務員法/実務諸法/行政課題論文/時事問題/自治関連白書/組織運営/係長職・行政判断/知能分野/資料解釈


一覧へ戻る

 

 

 

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20
電話 03-3230-3701(代表) FAX 03-3230-1170 hello@koshokuken.co.jp
Copyright (C) 公職研 All rights reserved.