2012年5月号

公職研

2012年5月号

2012年5月号
  • 市民の声を政策に活かす
    自治体政策の策定・決定過程で「市民の声を聞く」ことは、もはや必要最低限≠フこととなり、多くの自治体で実践されている。しかし、その声を、単に聞くに留める形式的なものにしたり、うまく政策形成に結びつけることができないといったことはないか。市民の声を政策に活かすための様々な方法について、理論と実践の両面からそれらの論点・課題と可能性に迫る。


目次


    【特集】市民の声を政策に活かす
    ◆市民参加による政策形成
     /山口道昭
    ◆公募市民・市民委員方式の再評価
     /西尾 隆
    ◆無作為抽出型市民参加による「係争的」政策課題の討議
     /長野 基
    ◆政治的意思決定と住民投票
     /岡本三彦
    ◆「問う力」を養う〜政策リサーチの考え方
     /伊藤修一郎
    ◆市民ブレイン連携事業による取り組み〜協働のまちづくりチャレンジ事業
     /金沢市
    ◆市民の声を政策に反映できる市議会を目指して
     /飯田市議会

    【連載】
    《新連載》クイズの森〈法務能力の獲得に一番大切なものは/ほか〉
    /森 幸二

    ◆職員必読・この1冊!〈丸山真男『日本の思想』、中西正司・上野千鶴子『当事者主権』〉
    /川股 隆
    ◆葉上太郎の都政ウオッチング〈「シナ」発言のバロメーター〉
    /葉上太郎
    ◆Forum通信〈自治体職員・弁護士相互理解研修会〉
    /編集部
    ◆輝け!メンター塾〈仕事の渦から新人を救え!タイムマネジメント事始め〉
    /木村純一
    ◆創造型行革に向けて〈“実計メニコン”で予算化前の事業仕分け〉
    /知立市
    ◆政策法務入門講座〈平等原則と違憲審査基準〉
    /宇那木正寛
    ◆実務で“斬る”!地方自治制度改革〈平成24年地方自治法改正案の概要〉
    /岩ア 忠
    ◆議会は変わる〈議会基本条例からスマートフォン導入まで〉
    /流山市議会
    ◆Topics!〈現代アートによるまちづくり〉
    /北本市
    ◆安全・安心なまちへの提言〈災害医療と市民、医療、行政の役割〉
    /安田 清
    ◆汗かこう! 楽しもう! 地域おこし〈ゆうきの里ものがたり〜山形県・高畠町〉
    /遠藤周次
    ◆想いよとどけ!〜東北発 私たちの“いま”〈受け止めて、その先へ〉
    /鈴木 潤
    ◆お役所仕事から一歩前へ〈自転車通勤でエコを競う〉
    /鳥取県
    ◆自治体・『真理学』教室〈指定管理者をめぐって問題が噴出
    /青山やすし・藍よう子
    ◆循環型社会を創る!〈南アルプスの豊かな自然を活用した温暖化対策〉
    /南アルプス市
    ◆都市のルネサンスを目指して〈川端文化を守る・伝える〜針江〉
    /三宅 進
    ◆自立と支援、支えあいの福祉社会に向けて〈地震時・地震後のコーポラティブハウスとコミュニティ機能〉
    /飛澤玲奈
    ◆施設から見る自治体の“文化水準”〈神戸市立灘区民ホール〉
    /松本茂章
    ◆ごみ減量最前線!〈さまざまな減量施策を展開する名古屋市〉
    /服部美佐子
    ◆官吏意外史〈勝海舟S薩長をダシ抜く慶喜のまきかえし〉
    /童門冬二
    ◆自主研究グループからの発信〈南信州から生まれた自学の芽A〉
    /寛流学林(長野県)

    ●NETWORK
    ●自治体・現場で使える著作権基礎講座/早稲田祐美子
    ●Forum通信/編集部
    ●争訟法務・最前線!/羽根一成
    ●47行政ニュース!
    ●BOOKS
    ●法令速報〈津波防災地域づくり法及び整備法〉
    ●読者のひろば

    【ケースで学ぶ実務演習】
    行政実務 基礎自治体における地域医療の推進に向けた取組のポイントは何か
    人事実務 職責・能力・業績を適切に反映する給与制度の導入に当たり、留意すべき点は何か
    財務実務 地方債において新たに導入される「事前届出制」とは何か
    税務実務 個人住民税徴収対策における都道府県の役割は何か
    福祉実務 児童発達支援への移行にともない、障害児施策の充実をどのように進めていくか

    【昇任試験V講座 第8講】
    憲法/行政法/地方自治法/地方公務員法/実務諸法/マネジメント論文/時事問題/行財政知識/組織運営/課長職・行政判断/知能分野/資料解釈


一覧へ戻る

 

 

 

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20
電話 03-3230-3701(代表) FAX 03-3230-1170 hello@koshokuken.co.jp
Copyright (C) 公職研 All rights reserved.