2012年1月号

公職研

2012年1月号

2012年1月号
  • 自治体の構想力
    東日本大震災という大きな爪痕が残された2011年を越えて、2012年は、その震災の遺した「傷」を治し、さらに様々な宿痾と訣別する再出発の年としなくてはならない。自治体政府は、どのようなビジョンを描き、人々に示すことができるのか。いままさに、裏づけと遂行する意思を備えた、自治体の構想力が求められている。自治体行政の持つべきビジョンと、現実の課題、その克服の方途を提言する。


目次


    【特集】自治体の構想力
    ◆自治体組織の構想
     /武藤博己
    ◆大阪都構想に見る自治体の構想力〜都市制度と府県制度の改革
     /新川達郎
    ◆福島のこれから〜原子力災害をどう乗り越えるか
     /清水修二
    ◆地方財政改革と自治体の構想力
     /森 裕之
    ◆グローバル経済と地域主体の経済活性化政策
     /山本尚史
    ◆新たな時代を拓く外国人介護労働者
     /塚田典子
    ◆地方議会における選挙制度改革
     /砂原庸介

    【連載】
    《新連載》「ユースト中継」のすゝめ〈審議会ネット中継いかがですか〉
    /正木隆之

    ◆職員必読・この1冊!〈郷田實・郷田美紀子『増補版 結いの心』〉
    /中島興世
    ◆葉上太郎の都政ウオッチング〈石、もしくは意思の庭園〉
    /葉上太郎
    ◆政策法務入門講座〈経済的自由(財産権)の制限と憲法適合性の判断〉
    /宇那木正寛
    ◆Forum通信〈2011年度日本地方自治学会〉
    /編集部
    ◆創造型行革に向けて〈市民・行政一体で進める総合計画づくり〉
    /小田原市
    ◆実務で“斬る”!地方自治制度改革〈国の出先機関改革の経過と課題〉
    /岩崎 忠
    ◆循環型社会を創る!〈市民の力を活かし、ともに進める環境政策〉
    /掛川市
    ◆メンタルヘルス119番〈アルコールと上手に付き合う〉
    /吉野 聡
    ◆New Trend〈PFI法の改正と地方自治体における活用〉
    /久保田 淳
    ◆安全・安心なまちへの提言〈防災学習から地域防災の担い手に〉
    /葛城茂明
    ◆議会は変わる〈開かれた議会をめざし取組みを進める亀岡市議会〉
    /亀岡市議会
    ◆新しい『参加』への挑戦〈子どもたちがつくる、新しい社会のために〉
    /臼井隆志
    ◆自治体政策法務の最先端〈弁護士から見た自治体法務+住民参加制度〉
    /かながわ政策法務研究会
    ◆自治体・『真理学』教室〈真の分権とは何か?制度論に惑わされることなかれ。〉
    /青山やすし・藍よう子
    ◆汗かこう! 楽しもう! 地域おこし〈市民の力で陸前高田の“なつかしい未来”を創造する〉
    /服部直子
    ◆自立と支援、支えあいの福祉社会に向けて〈認知症ケアの新常識〜パーソンセンタードケア〉
    /寺田真理子
    ◆都市のルネサンスを目指して〈解体危機の「関善」を救った市民の力と賑わいづくり〉
    /奈良東一郎
    ◆施設から見る自治体の“文化水準”〈静岡市立御幸町図書館〉
    /松本茂章
    ◆ごみ減量最前線!〈放射能汚染で目算狂った柏市〉
    /服部美佐子
    ◆官吏意外史〈勝海舟O開国論者の本音は攘夷論〉
    /童門冬二
    ◆自主研究グループからの発信〈励まし・助け・高め合う〜私たち若手・同期の自主勉強会A〉
    /はるらぼ(春日部市)

    ●NETWORK
    ●自治体・現場で使える著作権基礎講座/早稲田祐美子
    ●争訟法務・最前線!/羽根一成
    ●47行政ニュース!
    ●BOOKS
    ●パワハラ防止対策委員会!/金子雅臣
    ●法令速報〈都市再生特別措置法改正/原発事故調査委員会法〉
    ●読者のひろば

    【ケースで学ぶ実務演習】
    行政実務 基礎的自治体において暴力団排除条例をどう策定すべきか
    人事実務 中途採用区分により採用された職員の活用を図る上で、留意すべき点は何か
    財務実務 財政力指数は「偽り」か
    税務実務 他人名義の外国債券等をどのように帰属認定し滞納処分するか
    福祉実務 子ども虐待による死亡事例等の検証を今後どのように進めていくか

    【昇任試験V講座 第4講】
    憲法/行政法/地方自治法/地方公務員法/実務諸法/行政課題論文/時事問題/行財政知識/組織運営/課長職・行政判断/知能分野/資料解釈

一覧へ戻る

 

 

 

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20
電話 03-3230-3701(代表) FAX 03-3230-1170 hello@koshokuken.co.jp
Copyright (C) 公職研 All rights reserved.